現在できる1型糖尿病の治療

“強化インスリン療法

強化インスリン療法

強化インスリン療法では、健康な人と同じような血糖値の変動に近づけるために、基礎インスリンと追加インスリンの量を血糖値や食事量などをもとに調整して自己管理をします。詳細へ

“カーボカウント

カーボカウント

食前の超速効型インスリンの量を食事中の糖質の量によって決定する方法をカーボカウントといいます。日本IDDMネットワークでは、カーボカウントについて講義で学び、実際に昼食で実践を行うカーボカウントのセミナーを毎年開催しています。詳細へ

“インスリンポンプ

インスリンポンプ

インスリンポンプが開発されてからはや50年近くが経ち、現在では全世界の1型、2型糖尿病患者の患者さん60万人以上にインスリンポンプは利用されています。詳細へ

“CGM

CGM、FGM

持続グルコースモニタリング(CGM:Continuous Glucose Monitoring)とフラッシュグルコースモニタリング(FGM:Flash Glucose Monitoring)の情報を掲載していきます。詳細へ

膵臓移植、膵島移植

膵臓移植は、ドナー(臓器提供者)の膵臓もしくはその一部をレシピエント(臓器提供を受ける患者)に開腹手術で移植するものです。膵島移植は、ドナーの膵臓からインスリンを分泌する能力をもつ膵島だけを取り出して、1型糖尿病患者の肝臓内に点滴で移植する治療法です。詳細へ

国内で利用できるインスリン製剤や医療機器等

国内で利用できるインスリン製剤や医療機器等の情報を掲載していきます詳細へ