寄付金と研究助成の実績

寄付金に関する情報公開

1型糖尿病研究基金につきましては、特別会計を設け、他の会計とは明確に区分して管理しています。寄付金が一定の規模(概ね200万円以上)に達した段階で、研究助成の公募を行います。選考結果及びその成果につきましては、当法人のホームページや全国シンポジウム等で公開いたします。

寄付金の収入と支出の実績

1型糖尿病研究基金特別会計

(単位:円)   
年度
収 入
支 出
1型糖尿病
研究基金寄付金
一般会計からの
繰入金
利息
収入
研究
助成金
広報費等
平成17年度
(2005年度)
1,040,952 800,000 1 0 806,965
平成18年度
(2006年度)
450,901 0 595 0 177,638
平成19年度
(2007年度)
293,328 700,000 2,056 0 10,130
平成20年度
(2008年度)
1,821,015 0 2,874 2,000,000 160,626
平成21年度
(2009年度)
3,172,675 0 430 0 937,424
平成22年度
(2010年度)
1,026,953 0 654 3,000,000 508,071
平成23年度
(2011年度)
2,550,321 0 247 0 301,829
平成24年度
(2012年度)
5,900,323 0 557 2,000,000 1,353,209

年度
収 入
支 出
1型糖尿病
研究基金寄付金
受取
助成金等
絵本等
事業収益
その他
収益
収入計
研究助成金
シンポジウム
広報
管理費
支出計
平成25年度
(2013年度)
8,198,083
3,856,106
1,334,943
862
13,389,994
3,000,000
2,844,484
6,755,374
244,552
12,844,410
平成26年度
(2014年度)
23,731,898
4,897,104
839,045
5,144
29,473,191
5,000,000
1,358,169
10,862,604
381,713
17,602,486
平成27年度
(2015年度)
115,905,058
3,384,404
198,026
6,656
119,494,144
65,000,000
1,040,229
25,102,374
441,272
91,583,875
平成28年度
(2016年度)
121,781,840
3,658,000
114,511
53,269
125,607,620
107,000,000
705,489
19,400,764
2,684,281
129,790,534
平成29年度
(2017年度)
80,527,222
3,716,930
69,358
1,004,063
85,317,573
67,600,000
730,020
19,754,396
2,906,322
90,990,738

※当法人の会計年度は現在7月から6月までとしております。
※シンポジウムは研究者の発表の場、患者・家族との交流の場としていますので、2013年度から当特別会計に移管しました。
※佐賀県庁への当法人指定のふるさと納税(佐賀県ふるさと寄付金)ですが平成26年度(2014年7月~2015年6月)は1,200万円、平成27年度(2015年7月~2016年6月)は7,050万円、平成28年度(2016年7月~2017年6月)は10,350万円、平成29年度(2017年7月~2018年6月)は7,350万円(うち特別会計には5,970万円充当)を交付いただいています。

 

研究助成の実績

これまでに私たちが研究助成を行ったテーマ、研究者の皆様です。

2008年度

テーマ:1型糖尿病の遺伝子治療を可能にする膵臓特異的遺伝子デリバリーシステムの開発
研究者:松﨑 高志(大阪大学産業科学研究所 特任教授)
助成金:100万円

テーマ:膵島移植におけるドナー特異的調節性T細胞を用いた免疫寛容誘導
研究者:杉本 光司(徳島大学大学院消化器・移植外科 研究員)
助成金:100万円

2010年度

テーマ:ブタ膵島によるポリビニルアルコール(PVA)マクロカプセル化膵島(MEIs)の研究
研究者:角 昭一郎(京都大学再生医科学研究所 准教授)
助成金:100万円

テーマ:ヒト膵細胞を用いた血管構造を有する膵島創出法に関する臨床応用技術の開発
研究者:谷口 英樹(横浜市立大学大学院医学研究科 教授)
助成金:100万円

テーマ:体内での膵β細胞再生による1型糖尿病に対する治療法の開発
研究者:片桐 秀樹(東北大学代謝疾患医学コアセンター 教授)
助成金:100万円

2012年度

テーマ:1型糖尿病治療を目指したDNAワクチンの基盤技術の開発
研究者:中神 啓徳(大阪大学大学院連合小児発達研究科 教授)
助成金:100万円

テーマ:「1型糖尿病」患者由来iPS細胞を用いた病態解析研究
研究者:長船 健二(京都大学iPS 細胞研究所 准教授)
助成金:100万円

2013年度

テーマ:異種動物個体内での膵臓作出と得られた膵島による糖尿病治療
研究者:山口智之(東京大学医科学研究所助教)
助成金:100万円

テーマ:膵島再生を促す新たな移植部位の検討ー脾臓が誘導する膵島再生機構ー
研究者:小玉正太(福岡大学医学部再生・移植准教授)
助成金:100万円

テーマ:ヒト膵島分離後の残余膵組織からのインスリン産生細胞作成
研究者:霜田雅之(国立国際医療研究センター膵島移植プロジェクト研究長)
助成金:100万円

2014年度

テーマ:ヒトiPS細胞から機能的な膵島の創製とそれを用いた治療法の開発
研究者:粂昭苑(熊本大学発生医学研究所教授)
助成金:300万円

テーマ:iPS腸管(iGut)を用いた膵臓(iPanc)の臓器分化誘導法の開発
研究者:山田高嗣(奈良県立医科大学 消化器・総合外科講師)
助成金:100万円

テーマ:糖尿病治療のための人工膵臓を目指した薬物放出システムの開発
研究者:三林浩二(東京医科歯科大学 生体材料工学研究所教授)
助成金:100万円

2015年度

テーマ:ウイルス糖尿病高感受性マウスの開発-糖尿病誘発性ウイルスの同定によるワクチン開発を目指してー
研究者:永淵正法(九州大学大学院医学研究院教授)
助成金:300万円

テーマ:ダイレクトリプログラミングによるヒト体細胞からβ細胞(iβC)の高効率作出法
研究者:松本征仁(埼玉医科大学 ゲノム医学研究センター講師)
助成金:100万円 [佐賀県ふるさと寄付金(平成27年度交付分)]

テーマ:iPS腸管(iGut)を用いた膵臓(iPanc)の臓器分化誘導法の開発(継続 2年目)
研究者:山田高嗣(奈良県立医科大学 消化器・総合外科講師)
助成金:100万円 [佐賀県ふるさと寄付金(平成27年度交付分)]
         [2014年5月31日~8月10日 ふるさとチョイス掲載プロジェクト]

テーマ:糖尿病治療のための人工膵臓を目指した薬物放出システムの開発(継続 2年目)
研究者:三林浩二(東京医科歯科大学 生体材料工学研究所教授)
助成金:100万円 [佐賀県ふるさと寄付金(平成27年度交付分)]

テーマ:iPS 細胞由来組織前駆細胞を利用した動物体内での膵臓作製法の開発
研究者:山口智之(東京大学医科学研究所 幹細胞治療研究センター特任准教授)

助成金:100万円 [佐賀県ふるさと寄付金(平成27年度交付分)]
         [2014年5月31日~8月10日 ふるさとチョイス掲載プロジェクト]

テーマ:ヒトiPS 細胞から膵島の作製と機能を維持する培養方法の開発
研究者:粂昭苑(東京工業大学 大学院生命理工学研究科教授)
助成金:600万円 [佐賀県ふるさと寄付金(平成27年度交付分)]
         [2014年5月31日~8月10日 ふるさとチョイス掲載プロジェクト]

テーマ:1 型糖尿病に対する再生医療開発のためのiPS 細胞由来移植用膵細胞の高効率分化誘導法と純化法の開発
研究者:長船 健二(京都大学iPS 細胞研究所 増殖分化機構研究部門教授)
助成金:200万円 [佐賀県ふるさと寄付金(平成27年度交付分)]
         [2014年5月31日~8月10日 ふるさとチョイス掲載プロジェクト]

テーマ:臨床応用を目指したバイオ人工膵島移植の開発
研究者:霜田雅之(国立国際医療研究センター研究所 膵島移植プロジェクト プロジェクト長)
助成金:3,000万円 [佐賀県ふるさと寄付金(平成27年度交付分750万円,平成28年度交付分2,250万円)]
    [2015年6月2日-10月21日,11月20日-12月31日 ふるさとチョイス掲載プロジェクト]

テーマ:臨床応用にむけたバイオ人工膵島の長期生着に関する研究
研究者:小玉正太(福岡大学基盤研究機関 再生医学研究所 所長)
助成金:2,000万円 [佐賀県ふるさと寄付金(平成27年度交付分750万円,平成28年度交付分1,250万円)]
    [2015年6月2日-10月21日,11月20日-12月31日 ふるさとチョイス掲載プロジェクト]

2016年度

テーマ:1型糖尿病患者における、カーボカウントに加えて脂質・タンパク質摂取にも
対応できる新規追加インスリン投与法の開発

研究者:川村 智行(大阪市立大学大学院 発達小児医学教室講師)
助成金:100万円

テーマ:1型糖尿病を発症しない動物モデルの確立と発症抑制機序の解明
研究者:宮寺浩子(筑波大学 医学医療系助教、、国立国際医療研究センター研究所 肝炎・免疫研究センター 上級研究員)
助成金:100万円

テーマ:次世代シーケンス法を駆使した1型糖尿病原因遺伝子の同定とβ細胞機能廃絶予知予防への応用
研究者:能宗 伸輔(近畿大学医学部 内分泌・代謝・糖尿病内科講師)
助成金:100万円

テーマ:インスリンによらない1型糖尿病の薬物治療の可能性
研究者:森山賢治(武庫川女子大学薬学部 臨床病態解析学講座教授)
助成金:200万円

テーマ:バイオ人工膵島移植実現に向けた感染症検査体制の構築
研究者:井上亮(京都府立大学大学院生命環境科学研究科動物機能学研究室講師)
助成金:1,000万円 [佐賀県ふるさと寄付金(平成28年度交付分)]
    [2015年11月20日-12月31日 ふるさとチョイス掲載プロジェクト]

テーマ:医療用ブタの作製に必須となるオペ室や無菌飼育室の設備整備に関する研究
研究者:長嶋比呂志(明治大学農学部生命科学科発生工学研究室教授)
助成金:1,500万円 [佐賀県ふるさと寄付金(平成28年度交付分)]
    [2015年11月20日-12月31日 ふるさとチョイス掲載プロジェクト]

テーマ:臨床応用を目指したバイオ人工膵島移植の開発
研究者:霜田雅之(国立国際医療研究センター研究所 膵島移植プロジェクト プロジェクト長)
助成金:4,500万円 [佐賀県ふるさと寄付金(平成28年度交付分)]
    [2016年4月26日-2017年3月31日 ふるさとチョイス掲載プロジェクト]

テーマ:医療用ブタの作製に必須となるオペ室や無菌飼育室の設備整備に関する研究(追加)
研究者:長嶋比呂志(明治大学農学部生命科学科発生工学研究室教授)
助成金:500万円

テーマ:糖尿病治療のための人工膵臓を目指した薬物放出システムの開発(継続 3年目)
研究者:三林浩二(東京医科歯科大学 生体材料工学研究所教授)
助成金:100万円

テーマ:iPS細胞由来組織前駆細胞を利用した動物体内での膵臓作製法の開発(継続 2年目)
研究者:山口智之(東京大学医科学研究所 幹細胞治療研究センター特任准教授)
助成金:100万円

テーマ: 1型糖尿病を発症しない動物モデルの確立と発症抑制機序の解明(継続)
研究者:宮寺浩子(筑波大学医学医療系助教、、国立国際医療研究センター研究所 肝炎・免疫研究センター 上級研究員)
助成金:100万円

テーマ: 膵島分離技術のAIロボットによる標準化
研究者:大田佳宏(東京大学大学院数理科学研究科特任教授)
助成金:100万円

テーマ: 糖尿病治療用遺伝子改変ブタの開発
研究者:宮川周士(大阪大学医学系研究科准教授)
助成金:100万円

テーマ:臨床応用を目指したバイオ人工膵島移植の開発
研究者:霜田雅之(国立国際医療研究センター研究所 膵島移植プロジェクト プロジェクト長)
助成金:2,500万円 [佐賀県ふるさと寄付金(平成29年度交付分)]
    [2016年4月26日-2017年3月31日 ふるさとチョイス掲載プロジェクト]

2017年度

テーマ:1型糖尿病患者における、カーボカウントに加えて脂質・タンパク質摂取にも対応できる新規追加インスリン投与法の開発(継続2年目)
研究者:川村 智行(大阪市立大学大学院 発達小児医学教室講師)
助成金:100万円

テーマ1:「体を傷つけない血糖値評価」を目指した、唾液糖の計測装置(マウスガード型バイオセンサ)の開発
テーマ2:「小児発症での早期発見」および「1型糖尿病患者のQOL向上」を目指した呼気アセトンガス用バイオセンサの開発
テーマ3: 糖尿病治療のための人工膵臓を目指した自立式薬物放出システムの開発
研究者:三林浩二(東京医科歯科大学生体材料工学研究所教授)
助成金:1,500万円[佐賀県ふるさと寄付金(平成29年度交付分)]
    [2017年5月12日-2017年10月9日ふるさとチョイス掲載プロジェクト]

テーマ:iPS細胞由来組織前駆細胞を利用した動物体内での膵臓作製法の開発(継続 3年目)
研究者:山口智之(東京大学医科学研究所 幹細胞治療研究センター特任准教授)
助成金:160万円
   ※このうち50万円は[パブリックリソース財団”Give One(ギブワン)”の
    「E-ファンドレイジング・チャレンジ」(2017年12月4日~2018年1月5日)]
   ※このうち10万円は[研究指定寄付金「異種動物(ブタなど)の体内にヒトの膵臓を作る為の基礎研究」]

テーマ:ウイルス糖尿病高感受性マウスの開発-糖尿病誘発性ウイルスの同定によるワクチン開発を目指してー
研究者:永淵正法(佐賀大学医学部客員研究員・九州大学名誉教授)
助成金:2100万円
   ※このうち2000万円は[佐賀県ふるさと寄付金(平成29年度・平成30年度交付分)]
    [2017年11月1日-2018年1月31日ふるさとチョイス掲載プロジェクト]

   ※このうち100万円は[Yahoo!ネット募金]

テーマ:細胞治療による1型糖尿病根治法の開発
研究者:岡﨑康司
    (順天堂大学大学院医学研究科難治性疾患診断・治療学教授、難病の診断と治療研究センター長)
    松本征仁
    (順天堂大学大学院医学研究科先進糖尿病治療学講座准教授、難病の診断と治療研究センター)
研究資金:1000万円(契約に基づく循環型研究資金

テーマ:1型糖尿病を発症しない動物モデルの確立と発症抑制機序の解明(継続 2年目)
研究者:宮寺浩子(筑波大学医学医療系助教、、国立国際医療研究センター研究所 肝炎・免疫研究センター 上級研究員)
助成金:100万円

テーマ:1型糖尿病根治を目的とした羊膜上皮細胞移植臨床導入のための基盤構築
研究者:戸子台和哲(東北大学消化器外科学助教)
助成金:300万円

テーマ:自然免疫系を標的とした1型糖尿病の治療法開発
研究者:福井竜太郎(東京大学医科学研究所感染遺伝学分野助教)
助成金:100万円

テーマ:糖尿病治療用遺伝子改変ブタの開発
研究者:宮川周士(大阪大学医学系研究科准教授)
助成金:100万円

テーマ:自らの体の中で膵島を自己再生するような根治療法
研究者:山中伸弥(京都大学iPS細胞研究所 所長)
賞 金:1000万円(第1回山田和彦賞

2018年度

テーマ:ゲノム編集技術を用いた自己免疫機能の改変による自然発症l型糖尿病モデルブタの開発
研究者:谷原史倫(徳島大学生物資源産業学域 特任助教)
助成金:200万円(契約に基づく循環型研究資金

テーマ:バイオ人工膵島移植実現に向けた感染症検査体制の構築
研究者:井上亮(京都府立大学大学院生命環境科学研究科動物機能学研究室講師)
助成金:400万円 [佐賀県ふるさと寄付金(平成30年度交付分)]
    [2018年2月5日-9月30日 ふるさとチョイス掲載プロジェクト]

テーマ:臨床応用にむけたバイオ人工膵島の長期生着に関する研究
研究者:小玉正太(福岡大学基盤研究機関 再生医学研究所 所長)
助成金:1,000万円 [佐賀県ふるさと寄付金(平成30年度交付分)]
    [2018年2月5日-9月30日 ふるさとチョイス掲載プロジェクト]

テーマ:発症早期1型糖尿病に対する免疫修飾療法の有効性と安全性に関する臨床試験
研究者:中條大輔(富山大学附属病院臨床研究管理センター特命教授、国立国際医療研究センター病院糖尿病内分泌代謝科)
助成金:1,100万円[佐賀県ふるさと寄付金(平成30年度交付分)]
    ※第1期分(1100万円)の成果に基づいて、第2期分(900万円)を交付します。
    [2018年10月5日-2019年1月31日 ふるさとチョイス掲載プロジェクト]

テーマ:1型糖尿病モデルマウスを用いた新規インスリン基礎分泌促進ペプチド(タークペプチド)の前臨床研究
研究者:佐伯久美子(国立国際医療研究センター研究所・室長)
助成金: 120万円

テーマ:1型糖尿病に対するIL-7R標的Antibody-drug conjugate(ADC)の開発
研究者:安永正浩(国立がん研究センター・先端医療開発センター・新薬開発分野ユニット長)
助成金: 100万円

テーマ:1型糖尿病に対する根治治療としての自己由来脂肪幹細胞から作成したinsulin producing cell自家移植法臨床応用に関する研究開発
研究者:池本哲也(徳島大学病院消化器・移植外科特任准教授)
助成金: 100万円

テーマ:ヒト膵島を用いた膵β細胞量増大の実現に向けた研究
研究者:白川純(横浜市立大学医学部内分泌・糖尿病内科講師)
助成金: 400万円

テーマ:1型糖尿病を発症しない動物モデルの確立と発症抑制機序の解明(継続 3年目)
研究者:宮寺浩子(筑波大学医学医療系助教、、国立国際医療研究センター研究所 肝炎・免疫研究センター 客員研究員)
助成金:100万円

テーマ:糖尿病治療用遺伝子改変ブタの開発(継続 2年目)
研究者:宮川周士(大阪大学大学院医学系研究科 小児成育外科 医局員)
助成金:100万円

テーマ:自然免疫系を標的とした1型糖尿病の治療法開発(継続 2年目)
研究者:福井竜太郎(東京大学医科学研究所感染遺伝学分野助教)
助成金:100万円

テーマ:ウイルス糖尿病高感受性マウスの開発-糖尿病誘発性ウイルスの同定によるワクチン開発を目指して―
研究者:永淵正法(佐賀大学医学部肝臓・糖尿病・内分泌内科 特任教授・九州大学名誉教授)
助成金:1,000万円[佐賀県ふるさと寄付金(平成30年度交付分)]
    [2018年10月5日-2019年1月31日ふるさとチョイス掲載プロジェクト]

テーマ:1型糖尿病患者の Personal Health Record 情報集積による大規模災害時の効果に関する検討
研究者:阪本雄一郎(佐賀大学医学部附属病院高度救命救急センター長)
助成金:320万円[佐賀県ふるさと寄付金(平成30年度交付分)]

テーマ:ゲノム編集技術を用いた自己免疫機能の改変による自然発症l型糖尿病モデルブタの開発
研究者:谷原史倫(徳島大学生物資源産業学域 特任助教)
助成金:200万円(契約に基づく循環型研究資金