1型糖尿病とは

1型糖尿病(以前は、IDDM、インスリン依存型糖尿病、小児期に起こることが 多いため小児糖尿病とも呼ばれていました)は、主に自己免疫によっておこる病気です。自分の体のリンパ球があやまって内乱を起こし、自分自身のインスリン工場、膵臓にある膵島β細胞、の大部分を破壊してしまうことで発病します。

生活習慣病でも、先天性の病気でもありませんし、遺伝して同じ家系の中で何人も発病することもまれです。過去のウイルス感染がリンパ球の内乱のきっかけになっている場合が多いのですが、自己免疫の病気で感染症ではありませんので、1型糖尿病が他人にうつることはありません。

1型糖尿病を発症すると、自分の体の中でインスリンを作ることができなくなってしまいます。インスリンがないと、ブドウ糖(グルコース)を細胞に取り込むことができず、血管のなかにブドウ糖があふれかえることになってしまいます(高血糖)。ブドウ糖は細胞のエネルギー源として大切なものですが、高血糖状態が続くと、様々な形で血管の壁に溜まり、糖尿病特有の合併症につながります。

そのため 1型糖尿病では、膵臓移植や膵島移植を受けるか、血糖測定をしながら、生涯にわたって毎日数回のインスリン自己注射またはインスリンポンプと 呼ばれる医療機器による注入を続ける以外に治療法はありません。 一般に糖尿病として認知され、国内の糖尿病患者の9割以上を占める2型糖尿病と異なり、インスリンの補充が必要不可欠な病気です。
※発症初期や緩徐進行1型糖尿病(SPIDDM)のようにインスリンの自己分泌が残っている場合を除く

日本での子どもの年間発症率は、10万人あたり1.5〜2.5名で、北欧の国と比較すると約30分の一と言われています。

小児期を中心にどんな年代に起こる原因不明の難病であることに加え、治療を厳密に行わないと心臓、腎臓、眼、神経等の合併症が併発しますので、患者本人の苦痛はもとより、患者家族にとっての精神的、経済的負担は多大なものとなっています。

ライフステージ

ライフステージ

1型糖尿病を発病したら必要になること、あるいは年齢ごとに気を付けたいこと、これからの人生について、日本IDDMネットワークの経験から人生のステージごとのFAQを作成しました。詳細へ

漫画Hello, World(日本語・英語)

漫画Hello,World(日本語・英語)

漫画家の山田圭子さんのご好意で 1型糖尿病の少年を主人公にした漫画「Hello,World」をご覧頂けるようになりました!1型糖尿病についての大変わかりやすいストーリーを楽しみながら知っていただけます。是非お読みください。詳細へ

治らないから治るへ

治らないから治るへ

1型糖尿病と、日々闘う子供たちに「治るよ」と言ってあげたい。そのような思いで活動を進めています。詳細へ

“活躍する患者たち

活躍する患者たち

インディカー・シリーズに参戦しているカーレーサーのチャーリー・キンボールさんと、エアロビック日本代表の大村詠一さん。二人とも1型糖尿病を持ちながら、世界を相手に挑戦を続けるアスリートです。その対談が実現しました。詳細へ