小児慢性特定疾患治療研究事業

小児慢性特定疾患治療研究事業

1型糖尿病は、その治療が長期間にわたり、医療費の負担も高額となることからその治療の確立と普及を図り、併せて患者家庭の医療費の負担軽減にも資するため、医療費の自己負担分が補助されます。 18歳未満の児童(引き続き治療が必要であると認められる場合は、20歳未満)が対象となります。 お問い合わせは、お住まいの都道府県、指定都市、中核市の「小児慢性特定疾患治療研究事業担当課」へ。
 

制度の詳細は下記の厚生労働省のホームページをご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/boshi-hoken05/index.html
 

当法人発行の「1型糖尿病[IDDM]お役立ちマニュアルPart1」にも詳細を掲載しています。

関連記事

2005/03/07 お知らせ
4月1日から小児慢性特定疾患治療研究事業の制度が変わります。
2004/11/26 お知らせ
参議院で児童福祉法改正案(小児慢性特定疾患治療研究事業の見直し)が可決されました。
2004/11/11 お知らせ
衆議院で児童福祉法改正案(小児慢性特定疾患治療研究事業の見直し)が可決されました。
2002/06/28 お知らせ
「小児慢性特定疾患治療研究事業の今後のあり方と実施に関する検討会」の報告書について