冠基金

日本IDDMネットワークは、2005年に1型糖尿病研究基金を創設し、1型糖尿病を「治る病気」にするために挑戦を続ける研究者の方々に研究費の助成を行っています。

このたび、当法人では、根治に向けた研究を加速させるため、“冠基金”を設立することとし、基金の名前や金額、助成対象などを自由に決められる、寄付者の方の思いに合ったプログラムを随時募集することにしました。
このプログラムは、特定の研究目的のための寄付を頂戴し、その目的にそった研究を行う研究者・研究機関へ研究費の支援を行うものです。
故人を含めて寄付者の方々の思いを形にして残すことができ、不治の病の根治と言う社会変革への“参加”を寄付という形で後世に伝えることもできます。

対象となる寄付額等

  • 個人、法人、いずれの方も歓迎いたします。
  • 一つの冠基金について100万円以上を目途にお願い申し上げます。
  • 冠基金の随時積み増しが可能です。

基金の名付け親になってください。

研究費助成に当たっては、研究助成対象(分野)を指定することができます。例えば、「iPS細胞基金」という名称で、国内で1型糖尿病根治につながるiPS細胞の研究を応援したいなど、多様な研究テーマで冠基金をつくることができます。
冠基金の名称は自由に付けることができます。「こども未来創造基金」「井上龍夫基金」「株式会社エヌワイ企画基金」など、寄付者の方々の思いを表すことができます。
基金名を当法人にお任せいただいたり、匿名にすることも可能です。希望する名称(お名前、社名等)を遠慮無くお申し付けください。
寄付者の方々の思いにそった研究に寄付金をあてることとします。
当法人のホームページや会報等で、ご寄付いたいだた方を紹介するほか、冠基金がどのように活用されたかなども掲載いたします。

冠基金の例

  • 1型糖尿病根治という趣旨に賛同した個人又はグループで積み増していく基金
  • 社員の皆様が募金などで資金を集め、会社がそれに積み増した形で設ける基金
  • 社員と患者・家族との接点をつくり、社員教育に活かすための基金
  • 商品の売上の一部を、社会に貢献する研究に充てる基金
  • 社会に会社のCSR(企業が社会的に果たす責任)活動を広く知ってもらうための基金
  • 会社創立☆周年の記念事業としての社会貢献を目的とした基金
  • 結婚☆周年の記念としての社会貢献を目的とした基金
  • 長寿を記念しての社会貢献を目的とした基金
  • 家族のご逝去にあたり、その方の志を残すための基金
  • ご家族を亡くし、1型糖尿病根治の研究に役立つよう願いが込められた基金
  • 自分は活動できないけれど、賛同してくれる人に呼びかけて、お金を集め、1型糖尿病の根治に向けてがんばっている研究者(研究機関)を応援する基金

日本IDDMネットワークは認定NPO法人です。冠基金のご寄付も寄付金控除(所得控除、税額控除)、相続財産の非課税、損金算入限度額の枠拡大といった税制優遇措置を受けることができます。

詳細は以下をご覧ください。

冠基金の実績

2018年8月1日  「柳瀬美穂1型糖尿病研究基金」を設立いたしました。

  • 寄付金額 4,000,000円
  • ご寄付者からのメッセージ
    故柳瀬美穂氏は、生前から、ご自身の財産を「1型糖尿病の研究を行う機関に寄付してほしい」と強く希望されていました。
    故柳瀬氏のご遺志として、1型糖尿病の治療に向けた研究に宛てて、ここに寄付させていただきます。

「岩田稔基金」

2018年1月10日 「岩田稔基金」を増額しました。

  • 基金総額 3,000,000円
    このたび、岩田稔投手の1型糖尿病に関する活動に共感した方々がチャリティイベントを開催され、その収益金90万円を寄付されました。これに岩田稔投手の1勝分10万円を加えて、岩田稔基金を300万円に増額いたしました。

2017年12月7日  「岩田稔基金」を設立いたしました。

2017年2月6日  「1型糖尿病に関する再生医療に取り組む若手研究者のために活用してください」

  • 寄付金額 1,000,000円
  • ご寄付者からのメッセージ
    孫の1型糖尿病について私たちの父(井上晴夫)は生物学者だったこともあり、生前から「そのうち必ず自分の細胞で再生できる方法が出てくるに違いない。」と再生医療に期待していました。また母(井上敬子)も同様の期待を持っていました。
    このたび母の逝去に際し、本寄付は母の遺志として、またその子(井上龍夫、遠藤睦子、渡辺るり子)からの期待を込めて、井上家として贈ります。

2015年10月30日  「山田和彦1型糖尿病根治基金」を設立いたしました。

  • 寄付金額 30,000,000円
  • ご寄付者からのメッセージ
    長男、和彦は壊疽以外の全ての合併症が発症しました。本人は相当の恐怖と絶望感があったと思いますが、家族には愚痴の一つも言わず、いつも前向きで少しでも状態が良くなるよう頑張っていました。
    しかし、自分が生きている間に治ることはないと考えていて、その時が来たら遺産を1型糖尿病の研究をしている機関に寄付すると、いつも口にしていました。
    その願い『根治』を叶えていただきたく希望通り寄付をさせていただきます。

第1回山田和彦賞 – 1型糖尿病根治に向けて 1000万円の研究資金贈呈 – の募集を開始しました。
第1回山田和彦賞受賞者決定のお知らせ-京都大学iPS細胞研究所所長 山中伸弥氏-

2014年5月1日  「再生医療基金」を設立いたしました。

  • 寄付金額 1,000,000円
  • ご寄付者からのメッセージ
    孫の1型糖尿病について私たちの父(井上晴夫)は生物学者だったこともあり、生前から「そのうち必ず自分の細胞で再生できる方法が出てくるに違いない。」と再生医療に期待していました。
    寄付は父の遺志であり、またその子(井上龍夫、遠藤睦子、渡辺るり子)からの期待を込めて、井上家として贈ります。

 

冠基金の設立に関するご相談やご質問

冠基金の設立に関するご相談やご質問などがありましたら、お気軽に事務局までお問い合わせください。<お問い合わせ先>
〒840-0823 佐賀県佐賀市柳町4-13
 認定特定非営利活動法人日本IDDMネットワーク
 TEL 0952-20-2062   FAX 020-4664-1804
 E-mail info@japan-iddm.net