書き損じハガキプロジェクト

1型糖尿病を「治る病気」にするために、書き損じ・未使用のハガキ(額面の記載のある未投かんのハガキです)をお送りいただけませんか。1枚でも、どんな古いハガキでも歓迎です。ハガキを換金し、1型糖尿病根絶を目指す研究への支援に活用させていただきます。

学校や企業様全体で取り組んでくださる方もいらっしゃいます。ぜひ周りの方にもお声掛けいただけますと大変うれしいです!

ハガキの寄付方法

お宝エイドまたはバリューブックスにお送りください。

※ バリューブックスをご利用の場合、必ず5冊以上の本と同梱ください。
※ 日本IDDMネットワーク事務局でも受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

書き損じハガキでできること

お送りいただいたハガキを換金し、「1型糖尿病研究基金」へ入金します。

※ 買取価格が1枚 約45円の場合

■ハガキ230枚でできる事
1型糖尿病を治すための基礎実験を5回行うことができます。

■ハガキ23,000枚でできる事
新しい治療法の開発が可能になります。

■ハガキ230,000枚でできる事
・3~5年を目処に、すい島移植の標準化の確立の可能性が大きく高まります。
・5~10年を目処に、バイオ人工すい島移植の臨床応用に大きく近づきます。
・まだ基礎的実験段階にあるベータ細胞再生治療の研究が大いに進展する可能性があります。

これまでの実績

2019年6月末日までに、441件 25,170枚のハガキをご提供いただき、そのうちの一部を換金し、1,215,940円を1型糖尿病研究基金へ入金しました。
ありがとうございます。
これまでの全データにつきましてはこちら(PDFファイル)をご覧ください。

ご家庭の書き損じ・未使用のハガキで、2025年に1型糖尿病を「治る病気」にする取り 組みに”参加”してください!

お知り合いの方々にもお声かけいただければ幸いです。その際は、こちらのチラシをご活用ください。

<お問い合わせ先>

〒840-0823 佐賀県佐賀市柳町4-13
認定特定非営利活動法人日本IDDMネットワーク
TEL 0952-20-2062   FAX 020-4664-1804
E-mail info@japan-iddm.net