■災害時の対応

 

 日本IDDMネットワークは、みえ防災市民会議(元 三重県防災ボランティアコーディネーター養成協議会)及び災害ボランティアネットワーク鈴鹿と災害時の難病患者支援プロジェクトを組み、平成17年度に三重県のNPOからの協働事業提案に採択され、1型糖尿病患者やその家族のみならず、医師、薬剤師、看護師、製薬企業、防災NPO、行政等との協働による日本初の災害対応マニュアルを作成しました。
ここでは、その中からポイントをご紹介しています。詳しくお知りになりたい方は、「1型糖尿病[IDDM]お役立ちマニュアルPart3-災害対応編-」をご参照ください。

大規模災害の基礎知識
・日本全国どこであろうと、大規模災害は起こる可能性があります。
・地震によって注射器が壊れるなど、インスリンを打てなくなる危険もあります。最悪命を失ってしまう可能性もあります。
・病院や薬局も被災するため、被災直後は、糖尿病の治療を受けたりインスリンを処方してもらうことが困難になります。
・医療救護班が避難所等に派遣されますが、ケガの治療や風邪・下痢・ストレスケア等が中心で、糖尿病の治療は近くの医療機関での対応になります。
・災害直後に治療を受けるのは難しいので、1週間程度のインスリンや注射器(ペン型注入器)等をいつでも持ち出せるようにしておくことが大切です。

1型糖尿病の基礎知識 - 患者・家族、そして病気を知らない支援者の皆さまへ
・毎日数回のインスリン注射(注入)を生涯にわたって必要とする病気です。
・感染する病気ではありません。
・一見、病気のようには見えませんが、インスリンを注射(注入)しないと数日(早ければ1日)で死に至る病気です。
・食事を規則的にとることが体調管理に重要です。
・低血糖の時は補食が必要です。
・意識を失うような低血糖や高血糖は命にかかわります。意識がない場合は、速やかに医療機関に運んでください。

大規模災害時に1型糖尿病患者がおかれる状況
・いつもの食事と違うメニューになり、適切な医療が受けられなくなり、重労働を強いられたり、ストレスに襲われたりします。
・食事がとれない、慣れない重労働、インスリンの効き過ぎなどにより低血糖になります。
・いつもより高カロリーな食事、ストレス、インスリン注射(注入)ができないなどにより高血糖になります。

被災したらどうする? -災害時の対処法-
・まず落ち着くことが大切です。
・インスリンや注射(注入)器、お薬手帳、保険証などを持ち出せるようにしておきましょう。
・災害時でも、1週間程度の備蓄があれば、今すぐ焦る必要はありません。
・災害を乗り切るには、「自助7 共助2 公助1」です。
・災害時には血糖が日頃より不安定になって当たり前です。災害時の血糖管理は病気にかかった際の方法(シックデイルール)を思い出しましょう。
・避難所では一人で悩みや不安を抱え込まず、周りに相談できる人を見つけましょう。

災害に備えて日頃から準備すること
・災害が起こったらどんな状況になるか、イメージを持ちましょう。
・いざという時の薬や器具の備えをしっかりしておきましょう。
・周りの人に1型糖尿病のことを伝え、正しく理解してもらいましょう。
・1型糖尿病の友人をつくりましょう。
・身近なネットワークをつくりましょう。
・支援体制について調べましょう。
・日頃から正しい血糖コントロールを身につけておきましょう。
・自分が1型糖尿病であることを示すものを持ちましょう。

最後に災害に備えて2つのチェックリストを作成しました。
万が一の災害に備えて、お役立て下さい。

災害時にこれだけは身につけておきたい品目 チェックリスト
・インスリン
・お薬手帳、処方せん(コピー)
・保険証
・補食(ブドウ糖、砂糖など)
・穿刺針、穿刺器
・ペン型注入器(注射器)、注射針、ポンプ
・血糖測定器、電極(チップ)
・災害時の心得帖(当マニュアル本に掲載の自分用のマニュアル)
・脱脂綿、アルコール
・使用済み針入れ
・1型糖尿病[IDDM]お役立ちマニュアルPart3-災害対応編―
・メモ帳と筆記具(自分の体調を記録しておくため)
・その他(合併症や他の症状で必要な薬や器具)

大規模災害時への備え チェックリスト
・災害が起こったらどんな状況になるか、イメージを持っていますか?
・インスリン、その他非常時の持ち出し品の準備は万全ですか?
・「1型糖尿病お役立ちマニュアルPart3-災害対応編」には「災害時の心得帖」が掲載されています。それをいつも持っていますか?
・学校、会社、行政、消防団、看護師、薬剤師等周囲に理解者をつくりましたか?
・1型糖尿病の人で連絡を取りあえる友人や団体がありますか?
・災害時要援護者登録制度等、地域の支援体制について、地元市町村役場で調べてみましたか。
・血糖測定しなくてもだいたいの血糖値が予測できますか?
・家族と連絡が取れなかった時の再会場所について家族で確認できていますか?

 

これまでの活動内容
2008/10/05 「1型糖尿病(IDDM)災害対策トレーナー養成講座(第II期)」
開催地: 10月4日(土)大阪 5日(日)東京
約20名の参加をいただき好評で終了することが出来ました。
2008/02/03 「1型糖尿病(IDDM)災害対策トレーナー養成講座」
開催地:愛知県名古屋市 2月2日(土)ウィルあいち 3日(日)日本財団ビル
1型糖尿病(IDDM)患者や家族が災害対策に取り組めるよう支援する「1型糖尿病(IDDM)災害対策トレーナー」の養成講座は、約50名のご参加をいただき好評で終了することができました。
2007/03/27 災害時におけるIDDM患者の行動・支援指針作成に当たっての平成18年度第4回検討会を開催しました。
この検討結果を踏まえて、1型糖尿病[IDDM]お役立ちマニュアルPart3~災害対応編~を5月に発行する予定です。
2006/12/17 第7回全国患者・家族交流会第1分科会で災害時のIDDM患者の行動指針と支援について検討しました。
2006/08/24 災害時おけるIDDM患者の行動・支援指針作成に当たっての平成18年度第3回検討会を開催しました。
2006/06/11 災害時おけるIDDM患者の行動・支援指針作成に当たっての平成18年度第2回検討会を開催しました。
2006/05/15 災害時おけるIDDM患者の行動・支援指針作成に当たっての平成18年度第1回検討会を開催しました。
2006/04/08 大規模災害時における難病被災者支援の手引き~1型糖尿病[IDDM]編~が完成しました。
2006/02/13 災害時おけるIDDM患者の行動・支援指針作成に当たっての第5回検討会を開催しました。
検討会議事録(患者班)(支援班) 板書(患者班)(支援班)
2005/12/27 災害時おけるIDDM患者の行動・支援指針作成に当たっての第4回検討会を開催しました。

検討会議事録(患者班)(支援班)
板書(患者班)(支援班)

2005/12/27 IDDM患者の災害対応マニュアル(骨子)を作成しました。
詳細はIDDM患者の災害対応マニュアル(骨子)を参照ください。
2005/11/28 災害時おけるIDDM患者の行動・支援指針作成に当たっての第3回検討会を開催しました。
2005/11/10 災害時おけるIDDM患者の行動・支援指針作成に当たっての第2回検討会を開催しました。
2005/10/08 災害時おけるIDDM患者の行動・支援指針作成に当たっての第1回検討会を開催しました。
2005/10/05 大規模災害時等の際の処方せん医薬品等の取扱いについて
大規模災害時等において、医師等の受診が困難な場合、又は医師等からの処方せんの交付が困難な場合には、患者に対し、医師等の処方せんがなくても処方せん医薬品の販売は可能です。
2005/09/14 災害時おけるIDDM患者の行動・支援指針を作成します。
この活動に関する事業計画はこちらのPDF資料をご参照ください。
※この事業は三重県庁の協働事業に採択されております。

 


絵本を贈ろうプロジェクト お香典返しに代えて寄付 ノーモア注射冠基金 希望の祝杯プロジェクト 自動販売機プロジェクト ノーモア注射希望の本プロジェクト 書き損じハガキプロジェクト マンスリーサポーター 研究推進寄付つき商品


Amazonにて出版物の販売を開始しました!下記のAmazonサイトからご購入いただくと売上額の一部が当法人の活動費として還元されますのでこちらをご利用ください。
※会員価格での販売はこちらよりお申込みください

有明の風 小島芳栄堂



WordPress SEO fine-tune by Meta SEO Pack from Poradnik Webmastera