”希望の祝杯プロジェクト”にご協力ください。

 日本IDDMネットワークは、2005年に1型糖尿病研究基金を創設し、1型糖尿病を「治る病気」にするために挑戦を続ける研究者の方々に研究費の助成を行っています。

「治る病気」にするための研究が進み、2025年に皆さんと有田焼のワインカップで根治の祝杯をあげる夢を一緒に実現しませんか。

 日本IDDMネットワークにご注文・購入いただくと、経費を差し引いた収益の全額を研究費助成に活用いたします。詳細はこちらをご覧ください。

 

有田焼 小島芳栄堂様

 息子が15歳の時、突然1型糖尿病を発症しました。
この病は難病であり、発症当時、本人は勿論私たち家族も途方にくれました。
日本IDDMネットワークさんが推進されている「1型糖尿病“根治”」の研究に役立てるよう、有田の著名な先生方のご協力を得て、有田焼の素晴らしい作品をご提供させていただいております。
また、今回有田しん窯さんの伝統工芸士橋口博之氏のご協力を得て、「祝杯用のワインカップ」をご提供させて頂いております。

小島芳栄堂様

 

有田焼 しん窯 青花

 天保年間(1830)、初代梶原利左エ門が有田町黒牟田に開窯したのが始まりです。後世に残る焼き物創りという理念は、今も受け継がれ、昭和51(1976)年に立ち上げた「青花」にも脈々と受け継がれています。
 私の甥は、中学3年の時に1型糖尿病を発症しました。彼の両親は、できることは全て手を尽くしました。佐賀医大にて適切な処置をしていただき、現在は患者であり医者として「『治らない』から『治る』」をスローガンに、患者の皆様に寄り添いながら頑張っています。
 私達も、身内として「日本IDDMネットワーク」さんの心意気に共鳴し、支援をしている次第です。

しん窯 梶原様
八代目 しん窯 梶原茂弘様

 希望の祝杯のお話をお聞きして、私でお役に立てればと喜んで作らせて頂きました。絵柄は菊唐草で、ノビノビと広がりを見せる、人のつながりや生命力の象徴として想いをこめています。

しん窯 橋口様
しん窯 青花 匠 橋口 博之様

 

2013年から取り組んでいる バカラ社のクリスタルグラスも引き続き実施中です。
詳細はこちらをご覧ください。

<2017年10月12日現在のご注文の数>
・シャンパングラス 2個
・ペアタンブラー  44セット

<お問い合わせ先・お申し込み先>
〒840-0823 佐賀県佐賀市柳町4-13
 認定特定非営利活動法人日本IDDMネットワーク
 TEL 0952-20-2062   FAX 020-4664-1804
 E-mail info@japan-iddm.net


 

 


絵本を贈ろうプロジェクト 財産・相続財産・香典等で寄付 ノーモア注射冠基金 希望の祝杯プロジェクト 自動販売機プロジェクト ノーモア注射希望の本プロジェクト 書き損じハガキプロジェクト マンスリーサポーター 研究推進寄付つき商品


オンライン寄付サイト Give One NPO/NGOを誰でも簡単に応援できる!gooddo


かざして募金

チャリティモバイル

有明の風 小島芳栄堂

WordPress SEO fine-tune by Meta SEO Pack from Poradnik Webmastera