小児慢性特定疾患治療研究事業

小児慢性特定疾患治療研究事業

1型糖尿病は、その治療が長期間にわたり、医療費の負担も高額となることからその治療の確立と普及を図り、併せて患者家庭の医療費の負担軽減にも資するため、医療費の自己負担分が補助されます。 18歳未満の児童(引き続き治療が必要であると認められる場合は、20歳未満)が対象となります。 お問い合わせは、お住まいの都道府県、指定都市、中核市の「小児慢性特定疾患治療研究事業担当課」へ。
 

制度の詳細は下記の厚生労働省のホームページをご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/boshi-hoken05/index.html
 

当法人発行の「1型糖尿病[IDDM]お役立ちマニュアルPart1」にも詳細を掲載しています。

 

これまでの活動内容 小慢研究事業
2005/03/07 4月1日から小児慢性特定疾患治療研究事業の制度が変わります。
2004/11/26 参議院で児童福祉法改正案(小児慢性特定疾患治療研究事業の見直し)が可決されました。
2004/11/11 衆議院で児童福祉法改正案(小児慢性特定疾患治療研究事業の見直し)が可決されました。
2002/06/28 厚生労働省「小児慢性特定疾患治療研究事業の今後のあり方と実施に関する検討会」最終報告書公表

 


絵本を贈ろうプロジェクト お香典返しに代えて寄付 ノーモア注射冠基金 希望の祝杯プロジェクト 自動販売機プロジェクト ノーモア注射希望の本プロジェクト 書き損じハガキプロジェクト マンスリーサポーター 研究推進寄付つき商品


Amazonにて出版物の販売を開始しました!下記のAmazonサイトからご購入いただくと売上額の一部が当法人の活動費として還元されますのでこちらをご利用ください。
※会員価格での販売はこちらよりお申込みください

有明の風 小島芳栄堂



WordPress SEO fine-tune by Meta SEO Pack from Poradnik Webmastera