■セルフマネジメントプログラム

セルフマネジメントプログラム

  「慢性疾患セルフマネジメントプログラム(CDSMP)」とは、米国スタンフォード大学医学部患者教育センターが開発した、慢性の病気をもつ人の自己管理を支援するプログラムのことです。

  日本では、NPO法人日本慢性疾患セルフマネジメント協会がCDSMPのワークショップを開催しています。
  NPO法人日本慢性疾患セルフマネジメント協会は、日本IDDMネットワークを含む複数の患者会などが米国スタンフォード大学を訪問したことを契機に、CDSMPを日本に導入するため、2005年に設立されました。

  CDSMPのワークショップには、1型糖尿病患者やその家族を含めて、これまでに1,000名を超える方が参加しています。

  病気をもって生活していると、つい他の人と自分を比べてしまい、できないことやあきらめてしまったことばかり目についてしまうことがあります。

  CDSMPのワークショップでは、様々な病気の人たちで集まり、同じように病気をもつ人の進行で、病気と折り合いをつけながら少しでも日々を快適に過ごす方法を学びます。

  詳細は、日本慢性疾患セルフマネジメント協会のホームページをご覧ください。
http://www.j-cdsm.org

病気と、うまく、付き合うこと。それが”セルフマネジメント”です。


絵本を贈ろうプロジェクト お香典返しに代えて寄付 ノーモア注射冠基金 希望の祝杯プロジェクト 自動販売機プロジェクト ノーモア注射希望の本プロジェクト 書き損じハガキプロジェクト マンスリーサポーター 研究推進寄付つき商品


Amazonにて出版物の販売を開始しました!下記のAmazonサイトからご購入いただくと売上額の一部が当法人の活動費として還元されますのでこちらをご利用ください。
※会員価格での販売はこちらよりお申込みください

有明の風 小島芳栄堂



WordPress SEO fine-tune by Meta SEO Pack from Poradnik Webmastera